管理人旅行記

【S7航空】機内食は素晴らしき文化

更新日:

機内食は旅の醍醐味だ。

ウラジオストクへの旅が良い思い出になったのも、この機内食の存在が大きかったのだ。

日本を飛び立ち初めての食事。正直、期待はしていなかった。

機内という不自由な世界での食事だ。作りたての温かいものが食べられるわけじゃない。

しかし、その不自由さの中で食べるからこそ「うまい」と感じさせてくれたのではないだろうか。

ある意味で機内食は、キャンプで食べる料理に近いのかもしれない。

S7航空の機内食

ウラジオストクへ向かうS7航空(シベリア航空)の機内食は、サンドイッチだ。

これがうまいのだ。ハムとキュウリ。薄めのマヨネーズが入っている。味は薄いが、コクがある。うまみがパンに溶け出し、口の中に広がる。パサパサのパンなのだ。

しかし、機内食は我々に自由を与えてくれる。不自由さの中にある、自由を感じさせてくれる。

ウラジオストクへ行くなら、S7航空の機内食「サンドウィッチ」をぜひ食べてみてほしい。

S7航空機

-管理人旅行記

Copyright© ウラジオストク個人旅行ガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.